初体験は風俗で

楽しむというテーマが大切なのかもなと

どれだけホームページやポータルサイトで風俗嬢を探しても、実際に遊ぶのは自分。そして相手の風俗嬢。二人きりなんです。確かに情報収集は無意味とは言いませんし、理想の女の子を探す方法としてはこれ以上ないほど貴重で有意義なものだと思うんですけど、ただホームページにせよポータルサイトにせよ、どれだけ見たとしても楽しませてくれるって訳じゃなく、あくまでも相手のことを知れるっていうものですよね。だからそこまであれこれ考えるようなものではないんです。本当に考えるのは、実際に向き合った時だと思うんですよ。そこで、目の前の風俗嬢とどうやってコミュニケーションを取るのかや、どんな形で自分の意思を伝えるのかなど、ホームページやポータルサイトには書かれていないことを実践しないといけないんです。だから、結局は風俗って相手選びよりも、選んだ相手とどうやって楽しむのかという点がとっても大切になってくるものなんじゃないかなって思いましたね。

習慣になりつつある

昔を考えると本当に自分でも驚きとしか言えないんですけど、最近は風俗は自分の中では習慣になりつつありますね。気晴らしのためとか、発散したいとかって理由で利用していたのも今は昔。今はもう利用しないとかえって気持ち悪いとまでは言いませんけど、「イライラするから風俗を」じゃなくて、風俗を利用しないとイライラしてくる自分がいるんですよね。風俗が楽しいからこそなんでしょうね。当初は風俗で女の子と楽しむのが非日常と言うか、特別な空間のように思ったんですけどそれが当たり前になってくると、風俗でもっともっと楽しみたいって思えるようになってくるんです。人間心理って本当にいろんなことがあるんだなってことに気付かされますけど、どんな事情であれ、今では風俗は娯楽ではなく習慣と言っても良いくらい自分にとって無くてはならないものになりつつありますので、ライフワークと言っても決して言い過ぎではないんじゃないかなって思っています。