初体験は風俗で

待合室の過ごし方は人それぞれ

待合室をどうやって過ごすのかは、人それぞれ自由な時間だと思うんですけど、自分の場合はスマートフォンを頼りますね。スマートフォンを弄っていればそのうち呼ばれる。そんなところですけど、ただ前もって情報を調べていなかった場合には、そこでこれから相手をしてくれる風俗嬢や、フリーであれば呼ばれる可能性のある女の子のことをホームページを見て調べますね。これだけでも話のネタになるんですよ。風俗って女の子とどれだけ距離を縮めるのかも案外大きなテーマになるじゃないですか。そのためには、他愛のない話も無難で良いんですけど、それよりもブログを見て話のネタを探すのがいいんですよ。そうすれば、まずは「ブログ見たよ」と言えるじゃないですか。これを敵意に感じるような風俗嬢はまずいないので、そこで一気に距離を縮めればその日の勝利が約束されたと言っても良いんです。それに、ホームページって無料で見れるものなので、見ておいて損はないはずですよ。

退院してから真っ先に行ったところ

夜中に救急車で運ばれて入院したんです。…と言っても、そこまで重症ではなく、どうすれば良いのか分からないので救急車を呼んでもらってだけなんですよ(苦笑)ただ、お医者様も取り敢えず経過を見るので一日くらい入院した方が良いってことだったんです。何日も入院したらさすがにこっちも大変かもとか、もっと自分に危機感を抱いていたかもしれないんですけど、実際の所はそうでもないというか、本当にただ様子見で入院しただけだったので、退院してから真っ先に風俗に行きました。なぜなら、本当は救急車で運ばれたその日、風俗に行く予定だったんです。それが全身に蕁麻疹が出て、まるで全身何かに殴打されたかのように腫れ上がってしまったんですよ。でも入院したらそれらも引いたので、本来行く予定だった風俗まで行って楽しんできました(笑)一日越しだったとはいえ、いろんなことが起きた分、自分の気持ちとしても満足感がかなり高くなっていたんじゃないかなって。